Active Second Life

アメリカの中高年の生き(活き)方

アメリカの中高年の生き(活き)方は、日本の中高年と大きく違っています。

なお、ここで書いていることは、アメリカ人と結婚してアリゾナに住んでいる日本女性から教えていただいたものです。

アメリカ人はこうだ、日本人はこうだと一概に言うことは難しいことです。また、アメリカと言っても広く、東海岸と西海岸では違いがあります。

しかし、一般的には、アメリカ人の方が、前向きに楽しく、毎日を送っているように見えるとのことです。

第一として、アメリカ人は年齢のことをあまり言わない。と言うよりも、年齢を気にしません。

例えば、どんな小さな街にもvisitor centerがあり、その街への訪問者は情報を得るために、ここに立ち寄ります。必ずと言っていいほど、その観光案内所の窓口にいるのは、60歳代の人々です。時には80歳ほどの人も見かけます。多分ボランティアだと思います。

また、博物館や国立公園内のガイドも、多くは60歳以上です。これらのボランティアは、無償ではなく、交通費やガソリン代ぐらいは出ているとものと思います。自分の好きな分野を来館者に説明し、何時までも若さを保っているように見えます。

アメリカでは、求人募集をする時、性別、年齢、肌の色を限定してはいけません。結構年取った女性がサービス業で見かけます。例えば、ファーストフードのお店やレストランなどです。

日本では、さしずめ若い女性が前面に出て、年取った女性は隠れたところで皿洗いと言う感じですが。

アメリカでは、年齢による上下関係は表立ってありません。ご存知のように、英語では丁寧語はありますが、尊敬語や謙譲語は日常生活では見られません。

そして、服装も年齢によって、あまり変わりがないのです。夏であれば、20代から70代まで、スーパーなどではみんなTシャツ、短パンと言ったいでたちです。

第二として、"常識"と言う言葉はあまり聞かれません。

"常識"を辞書で見ると、common senseとあります。日本で言う「そんなの常識よ、知らないと格好が悪いわ」とするのはcommon knowledgeで、本来のcommon senseとは違った意味です。common knowledgeは、慣習的に知っていなければいけない"常識"です。

何か起こった時に、とっさの判断でその事態を切り抜ける、人間として智恵を働かせる、それがアメリカのcommon senseです。

因習的に「こういう場合にこうする」と言うのは、アメリカではcommon knowledgeです。日本ではそういう慣習的に行われている暗黙のルールが多すぎるように思います。

そして、それらの社会的な暗黙のルールが、新しいことや人と違う生活を始めようとする時、大きな妨げになっているように思われます。言葉を言い換えると、日本では昨今common knowledgeはあるが、common senseのない人が多いように思われます。

第三として、アメリカ人は移動型民族だと思います。

定年後、多くの夫婦は自分達にとって快適な、居心地の良い場所へと移動します。仕事場が近いのでAに住んでいたが、仕事が離れればAに住む必要がないという訳です。夫婦で協議して、気候の良い、物価の安い場所へ移住します。

仕事もそうですが、アメリカでは、その時その時で、夫婦は自分達の住む家を選んでいます。一生の内で職場をいくつも変える人が多くいます。ひとつの場所に長くいると言う、日本人の根底には、「墓」への意識が深く根付いていると思われます。

第四に、その他のことを書きます。

男性に関しては、良く喋る人が多いです。朝10時頃、カフェや喫茶店に行くと、1つのテーブルを囲んで、リタイヤーした男性が2時間はゆうに会話を楽しんでいます。

中高年に限らず、若い人達も相対的に男性の方が良く話すと思います。

そしてもう1つ、幾つになっても、女性に関心を持っています。80歳の男性が65歳の女性と結婚したりしています。

最後に、パワフルなアメリカの中高年の例を書きます。

学者一筋で研究のみの生活を送っていた女性が、ドライバーひとつ持ったこともなければ、電球ひとつ変えたこともなかったのに、たった一人で自分の家を建てたのです。多くの人達の助けをすべて拒否し、一人で1日10時間から15時間掛けて1年半掛りで建ててしまいました。手伝ってもらうと、自分が成長しない、学習しないと断ったらしいです。

画家の女性の場合、84歳で、20年前に主人を亡くし、ふらりとアリゾナンを訪れ、その場所が気に入り、土地を買って自分の家を建てました。息子さんたちの助けもありましたが、3年ほど掛かってレンガと石造りの家を建てました。その土地の歴史を調べ、絵を描き、一冊の本にまとめました。彼女の本や絵葉書が近くの本屋さんで売っています。

男性の例です。幼少の頃ポーランドからアメリカに来て、16歳で5歳上の女性と結婚しました。現在69歳です。アメリカに来て以来、幾つもの仕事をして、冨を築きました。いくつかの家やモーテルを所有し、風景画の作家です。しかし、彼は、まだ、自分の他の才能を発掘しようとしています。彼の家に泊めてもらった時、家にオルガンが置いてあったので尋ねたところ、日曜日に教会で弾いているのだとの答えでした。彼はオルガンも演奏できるのです。

アメリカの中高年の生き(活き)方を書きました。日本の中高年の生き(活き)方と、随分と違っているように思われませんか?

私は、アメリカの中高年者の生き(活き)方を参考に、出来るだけアクティブに日々を送っています。

心と体の健康を維持しながら、自分の思いの達成を目指し、活き活きとしたいと思っています。
[PR]
# by kouchan-life | 2006-12-01 05:15 | 文化

北海道旅行の想い出

10月11日から14日まで楽しんできた「北海道旅行の話」をします。

私達夫婦は、今回、話題の旭山動物園(http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/)に行きたいとの思いで、北海道旅行を計画しました。

でも、今回の北海道旅行は、旭山動物園以外にも沢山の北海道を味わえるように企画されている旅行だと言うことが、旅を始めてから次第に気付きました。

東(ひがし)北海道の阿寒国立公園にある屈斜路湖や摩周湖、美幌峠に行き、次に、知床国立公園にある知床五湖散策、ウトロ港から観光船遊覧、おしんこしんの滝見学をし、最後は、中央北海道の大雪山国立公園にある層雲峡観光、旭川市にある旭山動物園見学、丘の綺麗な美瑛、富良野を楽しむ旅であったように思います。

また、旅館は、初日が屈斜路湖近くの弟子屈町にある「ホテルニュー子宝」、次の日は温根湯温泉にある「大江本家(http://www.oehonke.com)」、三日目が美瑛町の大雪山のふもと白金温泉にある「湯元白金温泉ホテル(http://www7.ocn.ne.jp/~s.onsen/)」でした。

私は、どの場所も想い出が深かったり、どの旅館もとっても素晴らしかったのですが、強いて印象深かったことを書きます。

まず、北海道は「自然が素晴らしい」と言うことを書きたいと思います。ですから、おのずと自然から受けた印象が大きなところが想い出となっています。

景色では、白金温泉ホテルの前から眺めた雪をかぶった真っ白な十勝岳や十勝連峰の山々と抜けるような青空、それと丘の綺麗な美瑛の風景、ここからや富良野の町から眺めた十勝連峰の眺め、知床五湖から見た羅臼岳や硫黄山の眺めでした。

摩周湖や摩周湖の裏からの北海道の丘陵の眺めも素晴らしかったのですが、先の眺めのほうが印象深いものでした。因みに、摩周湖は快晴で、中ノ島まで良く観ることが出来ました。

旭山動物園は予想に反せず、素晴らしい動物園でした。

山(丘)の斜面を細長く切りひらいて、その斜面の土地にかなり大きな動物園が建設されています。斜面の上と下に入り口と駐車場が作られています。この斜めの土地の中央がメイン通路で、その両脇に色々な動物舎が立てられ、飼育と展示がされています。斜めの土地の中央付近にホッキョクグマやペンギンの飼育舎があります。その近くにチンパンジーやアザラシの飼育舎もあります。

チンパンジーの行動がとっても面白く、暫らく眺めていました。オスが一頭で、その他のメスの群れを支配している様子がたまらなく面白く、眺めていました。

メスはお尻に大きな膨らみがあって、そこがバギナになっていて、木の上からおしっこをしたり、母メスが子供をおなかに抱えて歩いたり、また、母メスに三歳ぐらいの子供のサルがスキンシップのため近づいたりしていました。ボスのオスは、ペニスをいじったり、メスに交尾したり、メスを威嚇してロープをゆさぶったりしていました。オリの中ではありましたが、野生の「オスとメスの様子」や「母メスの子供の育て方」が眺められました。

私は、獣医なので、動物の行動には特に興味を持って眺めていました。

私は、大阪府立大学農学部獣医学科を卒業して、製薬会社に就職し、37年間、薬の安全性(副作用、毒性)、特に、奇形(生殖発生毒性)の研究に没頭していました。この領域では、私が開発した「動物(特にネズミやウサギやサルなど)の心臓の検査法」が優れていたため、多くの研究者に利用・引用され、有名になりました。この領域や生殖発生毒性関係では本を書いたりもしています。

その他では、アザラシのゆっくりとした遊泳、ホッキョクグマの餌取りのすばやい行動、ペンギンの華麗な遊泳、ピンク色のフラミンゴの綺麗な姿勢、白い白鳥(白鳥)や黒い白鳥(黒鳥)の美しい泳ぎ、ライオンやヒョウの勇ましい歩行、とっても楽しく動物の行動が観察できました。

旭山動物園は、「動物の姿・形を見せる動物園」ではなく、「動物の普段の行動を見せる動物園」だと言うことが良く理解でき、また、楽しませてもらいました。

旅館は、三軒ともいずれも良いものでした。食事も、年取った私達には「量が少なく」て、「バランスの良い料理」ばかりでした。強いて言いますと、「温泉」の「露天風呂」が良かった「大江本家」が想い出深いものになりました。ただ、この旅館は大きくて、通路が迷路のようで、行き先を間違えるようなことがありました。

もう一つ、旅は道連れといいますか、沢山の方とお話をする機会があって、お喋りやコミュニケーションを楽しむ事が出来ました。

私は、今回はコミュニケーションを取りすぎて、喋りすぎで(ハイテンションがまだ治っていないためか)、周りの方に嫌われていたのかも知れません。でも、写真を取り合ったり、スマイルの挨拶をしたり、お喋りしたり、楽しい想い出ばかりでした。

添乗員さんも、とっても面白い人で、彼ともよく話をしました。彼は、世界の国を120カ国回っている事を自慢にしていました。でもそのためか、いまだ独身の男性で、ある意味、現在青年と言おうか、でも42歳なんですから、困ったものだと言うしかありません。社会人としては、立派な大人ですが。

また、バスガイドさんはとっても「瞳の綺麗な美人」で、お喋りが始まると、とどまるところなく、お話し上手でした。ある人は、瞳の印象的な宮里藍ちゃんに似ていると話していました。椴(とぞ)松、蝦夷(えぞ)松、落葉(から)松の違いの話し、ななかまど(旭川市の街路樹)の赤い実の話し、白樺とだけかんばの違いの話しなど、想い出が一杯出来ました。

椴(とぞ)松、蝦夷(えぞ)松、落葉(から)松の違いが判りますか? また、白樺とだけかんばの違い、ななかまど(旭川市の街路樹)の赤い実や紅葉のことなどをご存知でしょうか?
[PR]
# by kouchan-life | 2006-11-07 06:48 | 自然



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30