Active Second Life

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨年のノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌスさんが新党結成の意欲を明らかに

与野党対立が激化しているバングラデシュで、昨年のノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス(グラミン銀行総裁)さんが新党結成の意欲を明らかにしました。

政争が続き、汚職が絶えない既存政党への不満の受け皿を目指す模様です。

国民の尊敬を集め、知名度抜群の「ユヌス新党」が総選挙に参加すれば、台風の目になりそうです。
f0110284_6141874.jpg

ユヌス氏は、2月11日、国民に向けた公開書簡を発表しました。

「新党立ち上げに支援を求める」と呼びかけ、「新しいバングラデシュ建設を目指す」と既存の政治との決別を表明しました。

12日には滞在先のインド・コルカタで、「国民が進めと言えば、政治に参加する。危険を冒す用意がある。」と語りました。

同国では、民主化の進んだ1991年以降、バングラデシュ民族主義党とアワミ連盟の、それぞれジア前首相、ハシナ元首相という2人の女性党首のもとで、政権交代を繰り返してきました。

激しい政争の中、政党によるゼネストが、経済や市民生活を麻痺させるとことも珍しくなく、両党とも汚職のうわさが絶えませんでした。

今年1月に予定された総選挙を前に、両党の対立が激化し、暴走も起きました。

大統領が非常事態を宣言して、選挙を延期しました。

その後、政治的に中立な選挙管理内閣が汚職の排除を掲げ、両党の元閣僚らを汚職容疑で多数拘束しました。

当面、捜査を優先させる構えと見られます。「選挙まで半年かかる。」との見通しも出ています。
f0110284_6163416.jpg

短い準備期間で300の小選挙区にどれだけの候補者を送り込めるかは未知数です。

だが、「貧困の銀行」として農村部に約690万人の借り手がいるグラミン銀行の組織力は大きい。
f0110284_6174255.jpg

新党構想について、バングラデシュ商工会議所連盟のホサイン会頭は「政治を質的に変えてくれだろう」と歓迎しています。

一方、ユヌス氏支持者の間には、「政治に首を突っ込まない方がいい」との声も根強いようです。
[PR]
by kouchan-life | 2007-02-21 06:19 | 政治、経済、立法

自分探し

自分探しは、私も、一時期、その事ばかりを考えていた時期がありました。

そんなことを長々と書きます。

その時期は、定年前から定年後数年間(1998年頃から2004年まであたり)です。

定年を控えて、「どのように自分の人生を切り開いていくのか」、「どのような生甲斐を求めていくのか」など大きな課題だったからだと思います。

定年少し前、ニチイ学館というところに3ヶ月間通い、ヘルパー2級の資格を取りました。

私は、もともと、獣医医師の資格を持っていたので、どうしてヘルパーの資格を取るのですかとよく質問を受けました。

当時、その理由や答えを出せないでいました。

定年後は何をしようかと悶々としていました。

しかし、定年時には、3~4つの目標が出来ていました。何故か、自分探しが出来ていました。

その目標を、定年退職時の祝賀会の挨拶にしました。

それは、「今までの仕事時代に出来なかった事をすることだ」とまとめられます。

私は、まず、「会社時代に出来なかった勉強をすること」にしました。

勉強は、「学びの風土が良い」ところでしたかったので、大好きな京都大学を選びました。

私は、会社時代に製薬会社の研究所に勤務し、医薬品の研究開発に携わる仕事をしていました。

それは、医薬品開発における「副作用」の研究です。

特に、生殖発生毒性の試験実施と実験結果のヒトへの外挿(動物に現れた毒性が人に本当に現れるのかどうかを評価すること)に関わっていました。

その関係で、私の会社時代のテーマは、先天異常のヒトにおける発生を評価し、メカニズムを研究することでした。

当時、京都大学医学部の解剖学講座は、この領域の最先端の研究者がおられました。

講座の教授には、研究者仲間として指導していただいていたので、その講座にお世話をお願いし、先天異常のメカニズムの勉強がスタートしました。

でも、我々夫婦が、家内の90歳の母親を世話するという事情が発生し、京都大学での勉強は中止をせざるを得なくなりました。
f0110284_7101744.jpg

次に、JICAで仕事をする機会があって、北京で3週間、中国の若い研究者にGLPのことや生殖発生毒性試験法のことを指導しました。

その間、また、韓国のBIOTOXTECH研究所で研究顧問としての仕事を始めました。

しかし、単身赴任で仕事をしていた関係上、私生活が慣れなかったためか(睡眠障害とキムチ味の食事)、遺伝的なことや年齢的なことが原因してのことか、糖尿病になってしまいました。
f0110284_712694.jpg

凡そ半年で、韓国から引き上げねばならない結果となりました。

その他には、体力作りや筋肉作りのため、フィットネスジムに通ったり、ソフトテニスを楽しんだりしていました。

2005年になってから、senior volunteerの勉強をするため、大阪府が支援する「シルバーアドバイザー養成講座」に1年間通いました。

専攻は「国際交流活動」としました。

それは、定年後にしてきたことの多くが国際交流活動で、この事をもっと勉強しようと思ったからです。

それは、この事をもっともっとマスターすると、「これからの人生を活き活きとして生活できそうだ」と考えたからです。

現在の私は、ボランティア活動、特に、国際交流の一つとして、外国人への日本語支援をしながら多くの時間を過しています。そして、その事から活き活きとした生甲斐を貰っています。

「自分探し」の話を長々と書きました。

最後に、結論を書くことで終わりにしたいと思います。

自分探しは、あまり先のことは考えずに、「自分のバックグランドに立脚して、したいと思うことを積極的に始めること」のように思います。

その中から最も適したことを選んで発展させると、「活き活きと生甲斐を感じる生活が出来る」と結論します。
[PR]
by kouchan-life | 2007-02-10 07:17 | 国際交流

我が家でのオペラ鑑賞会

今年の1月13日(土)に、我が家でレーザーディスクによる「新春オペラ鑑賞会」なるものを催しました。

出席者は、国際交流活動を専攻する「Senior volunteer」の仲間6人と、大阪外国語大学でモンゴルの歴史を教えておられる大学教授ご夫婦2人の計8人でした。
f0110284_2572349.jpg




f0110284_2592094.jpg
私は、オペラのレーザーディスク(LD)を120枚程度持っています。その他、オペラのDVDを15枚程度、オペラのVHS(ビデオ)を20本程度持っています。

したがって、オペラのソフトを150作品ほど持っていることになりますので、これらを利用して、「オペラ鑑賞会」をやるのは楽しいと思い立ち、「新春オペラ鑑賞会」なる催しをする運びとなりました。

近日中に、これらオペラ作品のリストを作りたいと考えています。そして、作曲家別の索引、作品別の索引、指揮者別の索引、演出家別の索引、歌手別の索引など作る予定でいます。

更には、それらソフトのジャケットのデジカメ写真を撮影して、各オペラ作品の内容やアリアの説明などを書き、オペラ事典なるものでも作ってみたいと思っています。

1月13日の「新春オペラ鑑賞会」では、ヨハン・シュトラウス作曲・喜劇劇(オペレッタ)「こうもり」を取り上げました。

この作品は、ヨハン・シュトラウスが作曲した「ウインナーワルツ」が全体にちりばめられ、春らしい雰囲気が漂っており、ウインナ・オペレッタの最高傑作といわれる楽しい作品です。
f0110284_313438.jpg

「あらすじ」は、以下のようです。

豊富な中年紳士のアイゼンシュタインは公務員を侮辱した罪で刑務所に入らなければならなくなりました。

そこに友人のファルケ博士が現れ、奥方に内緒で楽しいパーティーに行こうと誘いに来ます。

刑務所へはそのあとに行くことにして、アイゼンシュタインはいそいそと盛装して出かけて行きます。

妻のロザリンデが一人になったところへ、元恋人の声楽教師アルフレードが現れ、夫婦気取りで仲良くワインを飲みます。そこに刑務所長がアイゼンシュタインを迎えにやって来ます。

いまさら夫でないと言えず、アルフレードが夫の変わりに刑務所に行きます。

アイゼンシュタインがパーティーに来て見ると、女中のアデーレも出席していました。妻のロザリンデもハンガリーの貴婦人に扮して現れます。

アイゼンシュタインは妻とは気付かずに口説き、時計を巻き上げられてしまいます。

刑務所長の部屋に、パーティー帰りの人々が訪れます。アイゼンシュタインが出頭してみると、すでに自分に成りすました誰かが刑務所に入っていました。怪しんだ彼は、弁護士に変装して真相を探ろうとします。

そこにロザリンデもやって来て、アルフレードの件を弁護士に相談するので、夫は怒りだします。

ロザリンデはすかさず、巻き上げた時計を見せます。

そこにファルケ博士が現れ、全て自分が仕込んだお芝居だったと告白し、「すべてはシャンパンのせい」と大団円で終わります。

舞台となるのは、大晦日から元旦の朝に掛けて開催されるパーティーなので、欧米の歌劇場では、年末や元日にスターを集めて上演されるのが恒例になっています。

私達も、1月13日の新年を祝って、「こうもり」のオペレッタを楽しみました。

今回のオペラ鑑賞会では、オペラを鑑賞する前に昼食を楽しんで、お喋りの国際交流をしたいとの思いがありました。

昼食には、私が、「スリランカ風チキンカレー」と「生野菜サラダ」を作って、食べて頂きました。「スリランカ風チキンカレー」はスパイスの効いた、とてっも美味しいカレイでした。

モンゴル出身のご主人はSam bundorj、奥さんはTumenさんと言うお名前で、お二人を囲んで、モンゴルの社会や夫婦生活、恋愛、結婚談義、食べ物のことなどお喋りしました。

新しい発見があり、良い経験をし、良い国際交流が出来ました。教授はモンゴルの歴史がご専門だったので、モンゴルの歴史についても分かりやすく説明していただけました。

Sam bundorjさんもTumenさんも躊躇せず、よくお話しされました。
f0110284_325579.jpg

皆さんがとっても活発にコミュニケーションをされていたこと、人の話に興味深く聞き入っていたこと、素晴らしいと感じました。

このように活動的に時間を過すことは、人生の時間の中でもそれほどあるものではありません。
[PR]
by kouchan-life | 2007-02-08 03:09



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28