Active Second Life

カテゴリ:国際交流( 3 )

JICA研修生のHome Visit

6月2日の土曜日、JICA(独立行政法人・国際協力機構、Japan International Cooperation Agency)の研修生を招待した。

日本の国やその文化、習慣を知ってもらい、彼等の国を理解する、国際交流活動をした。

f0110284_3122435.jpg

今回、私の家に招待したのは、2人の男性で、ハイチ共和国のEmmanuelさんとチュニジア共和国のSoussiさんであった。

彼等は、知的財産権を勉強をするため日本に来ていた。

いずれも役人であった。特に、Emmanuelさんは、ハイチ共和国で地位の高い役人のようであった。

Emmanuelさんは44歳の男性、結婚していて、子供が2人いた。女の子と男の子でどちらも可愛く、写真を見せてもらった。上の女の子は12歳だと話していた。

Soussiさんは39歳の男性、同じく結婚していて、子供が2人いた。彼は晩婚で、子供は1歳と3歳、まだ、小さい子供だと話していた。

今回のHome Visitとでは、家内と話し合って、以下のようなスケジュールを立てた。

2人でJICAセンターまで迎えに行く。夫婦一緒に知り合いになって、速くコミュニケーションを深める。

家に来てもらった折、先ず、お茶をする。紅茶とケーキを楽しみながら、音楽を聴いたり、映像を見たりしてお話をする。お互いの信頼関係を作る。

その後、近くにある「神峯山・大門寺」まで歩いて行く。その途中、日本の自然や植物を味わってもらう。

帰宅してからは、夕食に日本の鍋料理の「おでん」をご馳走する。料理の内容の話、箸の持ち方、お茶のいただき方、お互いの国の話などを楽しむ。

最後に、インターネットを利用して、Wikipedia(ウキイペディア)を検索して準備した資料を使って、1人ずつ両国の紹介をしてもらう。


なかなか、緻密な計画を立てた。
f0110284_3183898.jpg


f0110284_3205767.jpg

初めの紅茶とケーキの際、2人は「緑茶」を選択した。予想外で、眼を丸くする思いであった。

我々の意識では、緑茶は和菓子だと考えていて、ちょっと予想を外された。彼等は緑茶を好んで飲んだ。

多分、日本の緑茶は、彼等にとって美味しい飲み物だったのだろうと結論された。

私は、オペラ鑑賞が趣味だったので、彼等にも3大テノール、「パバロッチ」、「ドミンゴ」、「カレラス」のオペラ鑑賞を紹介した。

パリで行われた1998年のFIFAワールドカップ前日の「3大テノールのコンサート」を観てもらった。

結果的に、オペラ鑑賞よりは、ポピュラーミュージックの方が好みであった。


初対面からさほど時間が経たなかったが、私達家族とJICA研修生とのコミュニケーションは、思ったよりも速く出来上がった。

お互いに短時間で気さくになり、国や自分達のことを楽しく話していた。

地理的な位置は、日本を境にチュニジアは左側(西側)、ハイチは右側(東側)にあり、左右に別れている。

チュニジア共和国はアフリカの上方にあり、隣国はアルジェリア民主人民共和国と社会主義人民リビア・アラブ国である。

ハイチ共和国は北アメリカと南アメリカの間にあり、隣国はキューバ共和国やドミニカ共和国である。

Soussiさんが、「7月21日に研修が終了すると、私達は右と左の国に、別々な方向に飛び立ちます。」と面白く話を切り出した。

Soussiさんの話は、何時も冗句を交えた上手な話し振りだった。

こんな冗句も言った。

Soussiさんの国では、自分のことを指す時、手のひらで胸を叩いて、「me、me」と言う。しかし、日本人の場合は、鼻の先を人指し指で押して、「me、me」と言う。

だから、日本人の鼻は低く、横に広がっていると話した。

また、指で数を数える時、日本人は親指から、人差し指、中指、薬指、小指と、指を折り曲げて数える。しかし、チュニジアの場合は、親指を立て、人差し指を立て、中指を立て、薬指を立て、小指を立てる。

日本とはまったく逆だと話した。凄い観察力である。

四季や気温について話をした。

日本は四季があり、春は4月~6月、気温は17~20度、夏は7月~9月、気温は25~35度、秋は10月~12月、気温は18~20度、冬は1月~3月、気温は5~10度と私が説明をした。

Soussiさんがチュニジアについて話した。

ホット・シーズン(3月~8月)とクール・シーズン(9月~2月)の2シーズンである。春は3月~5月、気温は20度、夏は6月~8月、気温は35~40度、秋は9月~11月、気温は8~10度、冬は12月~2月、気温は20度と説明した。

Emmanuelさんがハイチについて話した。

ホット・シーズン(3月~2月)だけの1シーズンで、春は3月~5月、気温は25度、夏は6月~8月、気温は35~38度、秋は9月~11月、気温は32~35度、冬は12月~2月、気温は25度と説明した。

チュニジアは2シーズンで、秋以外は20度を越し、夏は40度ほどもある暑い国だということが分かった。

一方、ハイチは1シーズンで、一年中、気温が25~30度の暖かい国だということが分かった。

面白い発見があった。春、夏、秋、冬の月の数え方が、日本とチュニジア、ハイチと比較すると、彼等の国では1ヶ月早く設定されている。

この点は大切である。彼等の国の設定は陰暦に相当する。陰暦の方が、人の生理や動物や植物の営みとよく合致する。

日本も、明治時代までは、陰暦を使って生活をしていた。


このようなことを知ると、その国の自然、そこでの動物や植物の姿、ヒトの生活スタイルなどがイメージされる。沢山の情報を含んでいる。

言葉が分からない時、絵や表を紙に書く「筆談」がとっても役立った。

チュニジアやハイチは、いずれもフランス共和国に統治されていた。フランスの植民地であった。チュニジアは1956年に、ハイチは1804年に独立した。

両国とも、フランスの植民地として辛い経験をした時代があった。こんな話もした。

3時から5時まで大門寺へ散策した。

家に居るのとはまったく違った気持である。自然の中で、綺麗な空気に包まれながら、お互いに会話を楽しむ。別世界である。

彼等は自然が好きで、さらに気分よく話していた。大門寺までの途中は、ゴルフ場の中の道路を通過する。中高年のゴルフプレーヤーが、楽しくプレイしていた。ゴルフの話もした。

プレイしていた中年の女性が英語(スペイン語?)で話し掛けてきた。外国語が出来るので、外国人が来ているのを観て、コミュニケーションがしたかったのか?と思った。

Soussiさんが、私に「蛇が出ないか?」と質問した。彼は、多分、国の「毒蛇」を想像していて、危険性を感じている様子であった。

日本には、「ハブ」以外には危険な蛇はいないことを説明した。

大門寺は、古い、日本独特のお寺である。この時期、新芽が萌え出た紅葉が美しい。庭の苔も青々としていて、心が癒される。
f0110284_3254889.jpg

















f0110284_3263094.jpg
彼等も、初夏の新緑、木漏れ日、新鮮な空気を味わいながら、気持ちよく、癒されている様子であった。ここに来て良かったと思った。

外に出て、歩きながら自然の営みを味わうのは、とても大切である。

ゆっくりとした時間を共有しながら、お喋りを楽しんだ。私達のコミュニケーションは益々深まった。

夕食の「おでん」についても、色々な想い出ができた。
f0110284_3293880.jpg


f0110284_3305875.jpg

Soussiさんはアラブ人なので、お肉とお酒はご法度である。野菜と魚の食べ物を選んでもらった。

Emmanuelさんはクリスチャンなので、何でも食べてもらった。私は糖尿病と痛風がある。

結局、夕食はアルコールなしの食事となった。

2人とも箸が使えない事を知った。しかし、箸を使って食べているところの写真撮影がして置きたいらしく、2人の箸を使っての様子を写真撮影した。でも、箸の持ち方は上手く出来ていない。

彼等はナイフとフォークとスプーンを使って、おでんを食べてもらった。

夕食を楽しんだ後の、最後のパソコンを使った、チュニジア共和国とハイチ共和国のプレゼンテーションは、とても楽しかった。

2人とも、慣れていて興味深く、冗句を入れて話し、本当に上手に自国を紹介した。プレゼンテーションの後、両人とも「Am I a good student ? 」と聴いたので、「Very good」と答えて、みんなで大笑いをした。


JICAの研修生を迎え、「有意義で、楽しい国際交流活動」が出来た。

また、このような機会があれば、楽しみたいと思った。家内も大変であったが、満足感を味わっている様子であった。

こうちゃん
[PR]
by kouchan-life | 2007-06-13 04:40 | 国際交流

5月20日、日曜日の奈良薬師寺での思い出

5月20日の日曜日は、お天気が良く、奈良を散策するにはとっても気持ちの良い日でした。
f0110284_11222517.jpg
ポストファミリーの大阪大学大学院のベトナムからの留学生と私と家内の3人で、奈良「西の京」を散策し、大安寺、薬師寺、唐招提寺を訪れました。

JR奈良駅に着いて、桜井線に乗り換え、「京終駅」まで一駅進んで下車しました。ここが、今日、私達が歩く始発の場所でした。

ここから、「大安寺」、「薬師寺」、「唐招提寺」と歩きました。ここには、「歴史の道」との道標がありました。
f0110284_11235262.jpg

外国人のポストファミリーとして、外国人に日本語の表現や漢字など知ってもらう上で、古都奈良を散策するのはとっても良い方法でした。

また、国際交流活動を目的に、外国人の里親として心のケアーをするとき、日本文化が沢山ある奈良などの散策は、とっても良い方法だと言うことも学びました。

たまたま、薬師寺を訪れたとき、この日、このお寺で「河村隆一のコンサート」があり、そのリハーサルが始まっていました。
f0110284_1125990.jpg

私達が訪れたのは、もう、夕方の4時頃で、夜から始まるコンサートのリハーサルの最中でした。

スタッフが通路に長く留まらないで歩いてくれるように促していましたが、私達は薬師寺の金堂(国宝・薬師三尊像がある)を見学している最中で、リハーサルの中で河村隆一が歌っている高くて甘い声、素晴らしいバックのサウンドが聞こえてきました。
f0110284_1126828.jpg

f0110284_1127659.jpg

お寺でのライブには、独特の雰囲気があります。河村隆一の甘い声と体に響くサウンドを聴きながらの見学は、何かどきどきとした感動を感じていました。
f0110284_11285315.jpg
偶然の事とは言え、普通ではなかなか出来ない、とっても素敵な経験でした。

むかし、東大寺の大仏殿で、これと同じような経験をした事を思い出しました。

その時の演奏者は、オカリナ奏者の「宗次郎」でした。奈良のシルクロードのイベントに合わせて、宗次郎がオカリナ演奏のライブのリハーサルをしていました。

NHKが同時録音をしていて、そのサウンドの美しさに魅了されました。私は、その時からオカリナのサウンドの美しさ、凄さを教えられ、オカリナに興味を持ち始めました。
f0110284_11303631.jpg

ポストファミリーの留学生「AHN(アン)」さんとの思い出深いコミュニケーションの他に、河村隆一さんの薬師寺でのライブのリハーサルも同時に楽しんだ一日でした。

しかし、その他、大切で忘れていけないことが、このお寺にあります。

それは、著名な日本画伯「平山郁夫」さんが30年かけて描いた、感動的な「シルクロード」の壁画です。

このように、奈良「西の京」の散策では、忘れられない沢山の想い出が出来ました。

こうちゃん
[PR]
by kouchan-life | 2007-05-21 11:33 | 国際交流

自分探し

自分探しは、私も、一時期、その事ばかりを考えていた時期がありました。

そんなことを長々と書きます。

その時期は、定年前から定年後数年間(1998年頃から2004年まであたり)です。

定年を控えて、「どのように自分の人生を切り開いていくのか」、「どのような生甲斐を求めていくのか」など大きな課題だったからだと思います。

定年少し前、ニチイ学館というところに3ヶ月間通い、ヘルパー2級の資格を取りました。

私は、もともと、獣医医師の資格を持っていたので、どうしてヘルパーの資格を取るのですかとよく質問を受けました。

当時、その理由や答えを出せないでいました。

定年後は何をしようかと悶々としていました。

しかし、定年時には、3~4つの目標が出来ていました。何故か、自分探しが出来ていました。

その目標を、定年退職時の祝賀会の挨拶にしました。

それは、「今までの仕事時代に出来なかった事をすることだ」とまとめられます。

私は、まず、「会社時代に出来なかった勉強をすること」にしました。

勉強は、「学びの風土が良い」ところでしたかったので、大好きな京都大学を選びました。

私は、会社時代に製薬会社の研究所に勤務し、医薬品の研究開発に携わる仕事をしていました。

それは、医薬品開発における「副作用」の研究です。

特に、生殖発生毒性の試験実施と実験結果のヒトへの外挿(動物に現れた毒性が人に本当に現れるのかどうかを評価すること)に関わっていました。

その関係で、私の会社時代のテーマは、先天異常のヒトにおける発生を評価し、メカニズムを研究することでした。

当時、京都大学医学部の解剖学講座は、この領域の最先端の研究者がおられました。

講座の教授には、研究者仲間として指導していただいていたので、その講座にお世話をお願いし、先天異常のメカニズムの勉強がスタートしました。

でも、我々夫婦が、家内の90歳の母親を世話するという事情が発生し、京都大学での勉強は中止をせざるを得なくなりました。
f0110284_7101744.jpg

次に、JICAで仕事をする機会があって、北京で3週間、中国の若い研究者にGLPのことや生殖発生毒性試験法のことを指導しました。

その間、また、韓国のBIOTOXTECH研究所で研究顧問としての仕事を始めました。

しかし、単身赴任で仕事をしていた関係上、私生活が慣れなかったためか(睡眠障害とキムチ味の食事)、遺伝的なことや年齢的なことが原因してのことか、糖尿病になってしまいました。
f0110284_712694.jpg

凡そ半年で、韓国から引き上げねばならない結果となりました。

その他には、体力作りや筋肉作りのため、フィットネスジムに通ったり、ソフトテニスを楽しんだりしていました。

2005年になってから、senior volunteerの勉強をするため、大阪府が支援する「シルバーアドバイザー養成講座」に1年間通いました。

専攻は「国際交流活動」としました。

それは、定年後にしてきたことの多くが国際交流活動で、この事をもっと勉強しようと思ったからです。

それは、この事をもっともっとマスターすると、「これからの人生を活き活きとして生活できそうだ」と考えたからです。

現在の私は、ボランティア活動、特に、国際交流の一つとして、外国人への日本語支援をしながら多くの時間を過しています。そして、その事から活き活きとした生甲斐を貰っています。

「自分探し」の話を長々と書きました。

最後に、結論を書くことで終わりにしたいと思います。

自分探しは、あまり先のことは考えずに、「自分のバックグランドに立脚して、したいと思うことを積極的に始めること」のように思います。

その中から最も適したことを選んで発展させると、「活き活きと生甲斐を感じる生活が出来る」と結論します。
[PR]
by kouchan-life | 2007-02-10 07:17 | 国際交流



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30