Active Second Life

マタタビ

大山にテニスの合宿に行った時、初めて「マタタビ」の木を見た。
f0110284_4591733.jpg

この時期、マタタビの木は「緑と白のまだらになった葉」を付けている。そのため、沢山の木があっても直ぐに見つけられる。

マタタビは、ネコが弱っている時に飲ませると元気になった経験があるので、ネコに対する効果はよく知っていた。

今回、インターネットのホームページ「http://www5b.biglobe.ne.jp/~tomosuke/fruits/matatabi.htm」や図書館から借りてきた本「市川隆 著:植物百話、2003年12月25日自費出版」でマタタビを勉強して、興味深いことを知ったので、ブログに書いた。

「猫にまたたび、お女郎に小判」は、マタタビの効果が著しいことを表した諺としてよく知られている。

マタタビはサルナシ科に属し、「サルナシ」、「ミヤママタタビ」、「キウイフルーツ」(植物名はオニマタタビ)などは同じ仲間とされる。

マタタビは、日本各地に広く産し、ポピュラーな植物として知られている。しかし、私は、今回、初めて大山でその木を見た。北摂では芥川流域、特に出灰より上流の川沿いの崖地に多く見られる。面白いことに、不完全な雌雄合体株と雄株とを併せ持っている。

雄株の葉の上半分が、丁度、花の咲くころ白く蝋で覆われるので目立つ。この白いものは、実が熟するようになるといつか消えてしまう。多分、遠くから虫を呼ぶための花の時期に限って現れるものだからであろう。
f0110284_512242.jpg

落葉のつる性低木である。6~8月にかけて梅の花のような白くて香りの良い5弁花を付ける。8~9月なると長楕円形の大きな果実をつける。

この鉄砲玉みたいな果実とは別に、カボチャそっくりの果実を結ぶことも多い。これは、花の時期にマタタビアブラムシがやってきて、卵を産み付け虫こぶ化したものである。

漢方薬の分野では、この虫こぶ化した果実に熱湯を掛けて処理し乾燥したものを、木天蓼(モクテンリョウ)と言って、「不老長寿の妙薬」として珍重される。
名前の由来は、アイヌ語から転じたとされるが、我々にとって面白いのは、俗説とされる「また旅」説である。
f0110284_525191.jpg





f0110284_54581.jpg

旅人が旅に疲れたとき、たまたま、野にあったマタタビの実を口にしたら、元気を回復し、再び旅を続けることが出来たというのである。そこからマタタビの言葉が生まれたとされるものである。
山歩きしていて疲れたら、マタタビの実を食べてみるのも一興であろう。

マタタビについて有名な話となると、「猫また」である。

マタタビの茎、葉、実には、「マタタビラクトン」と総称される成分が含まれている。

温血動物、特に猫科の動物(ライオン、トラ、ヒョウ、そしてネコ)がマタタビを食べると、大脳に始まり、脊髄、延髄と麻酔が進み、人間が酒を飲んだ時のように、陶酔し痴態を示した後、失神に陥るようである。

なお、ネコの場合、雄猫に比べて雌猫にはそれほど効果的でないともいわれている。

山歩きでマタタビを見付けたら、一株手折って庭に吊るしてみて下さい。どこからともなく猫が集まってきて、噛んだり、擦り付けたりしたあげく、奇声をあげるようになる。

ネコ科以外にも、クサカゲロウもわんさと集まってくるのに気付かれるであろう。植物園では、マタタビの木全体を金網で囲んでネコ害を防いでいる。

近縁のキウイフルーツ、サルナシも同じような効果がある。しかし、ミヤママタタビはネコの気をそれほど引かないという。
f0110284_5512100.jpg



最後に、マタタビの利用についてまとめる。

1、つる
折れにくいので、籠細工として利用される。

2、山菜
イ、若葉
塩一つまみを入れて茹で、冷水に晒してアクを抜く。ごま和え、油炒め、汁の具として広く利用できる。

ロ、実
塩漬けにしたものが市販されている。山採りは8月下旬以降で、虫こぶでない実を利用する。そのまま生食出来るが、軽く塩漬けしたあと、酒のつまみとしたり、醤油漬けや味噌漬けとしたり、応用範囲は広い。

3、酒
これは、正常な実も、虫こぶの実も同じように利用できる。実100g、砂糖50g、ホワイトリカー720mlに漬け込み、2カ月ほどで熟成される。

体を温め、血行を良くし、利尿作用がある。ナイトキャップ(寝酒)として、不眠、ノイローゼなどの文明病にもよいとされる。
                                    
4、漢方薬(木天蓼)
リューマチ、神経痛、冷え性、腰痛などに煎じ薬なら1日5~8g、薬酒なら1回15mlを朝夕2回服用する。ネコの病気にもよいとされる。

因みに、正常な果実は、残念ながら薬冶効果は期待出来ない。


以上、マタタビについての興味深い事を、インターネットや本から得た情報を基にまとめた。

こうちゃん
[PR]
by kouchan-life | 2007-07-04 05:07 | 自然
<< 山手台公民館「料理講座」 私が国際交流活動をしている究極... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30