Active Second Life

5月に起こる精神異常と殺害事件

この時期、動物は繁殖期にあって、発情ホルモンの分泌が活発である。

植物も新芽が吹いて枝が伸び、新しい葉が開き、新緑がとっても爽やかである。人も同じように、色々なホルモンが盛んに分泌されていると考える。
f0110284_63040.jpg
草花は赤や白、黄色やピンク、紫などの美しい花を付け、その蜜を求めてミツバチやチョウが沢山飛んでくる。

本来ならば気候が良い時期なので、誰でも気分が良いはずである。しかし、この時期、木の芽時で知られているように、人の精神が揺らいだり、突然に変わったりする。f0110284_644656.jpg
 
精神異常者が問題ある行動を起こしやすい時期である。

最近、男性が突然に主婦をナイフで刺し、殺害したり、高校生の子供が母親を殺害して、その首を持って警察署に自首してきたりする報道があった。

加害者の精神状態と気候との関係が気に掛かる。

冬から春になってきて、身体から成長ホルモンや発情ホルモンが分泌し、肉体が活発に活動をし始めたことで、加害者の精神状態が変化して事件が発生したのではないかと思われる。

人を含めた生物(動物と植物)が、今まで眠っていた冬の季節から春の季節に移行し、成長ホルモンや発情ホルモンを分泌して活発に行動を始めたことと関係しているに違いない。

f0110284_66164.jpg


動物と比較して思考を発達したヒトの場合、環境の変化に対して精神(心)と肉体(身体)との間に不具合が生じてしまうと、その初めの頃、精神異常が生じ、このような結果に成ったのであろう。

例の「皐月(さつき)病」も同じ原因に基づく変化と考える。学校を休んだり、仕事を休んだりする。ひどい場合、退学や退職までする。

これらを解決するには、外に出て、太陽にあたったり、運動したりし、心と体のリフレッシュをすることが大切なように思う。

1日ほんの1~2時間の短い時間で良い。体を動かし、新鮮な空気を胸いっぱい吸う。

最初はゆっくりとほぐす。急激な行動は、余計に心と体にアンバランスを生じさせる。


f0110284_673753.jpg

f0110284_681510.jpg


この時期、天気の良い日は、気温はぐんぐんと上がる。昼過ぎは体感温度が30度を越す程までになる。

半袖が快適である。長袖でいると蒸し暑く、頭がボーとする。着ている上着を脱いで、体の熱を冷ますのが良い。初夏の陽気で頭がボケーとする時期は、心と体にアンバランスを生じさせないため、上着を脱ぐのが良い。

この様な心と体のケアーが、この時期、とっても大切である。

今、深夜の2時半ごろ、外で「ホトトギス」が「トッキョ・キョカキョク」と特徴ある声で鳴いている。

ホトトギスが鳴き出すのは初夏の頃だったように思う。最も美しい鳴き声は、夏休みの林間学校の夜明けごろよく聴かせてくれる。

f0110284_691613.jpg


5月に良く起こる精神異常と殺害事件のことを考えながら、その事について感じることを書いた。
[PR]
by kouchan-life | 2007-05-27 06:34 | 科学
<< JICA研修生のHome Visit 5月20日、日曜日の奈良薬師寺... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31