Active Second Life

ルートヴィッヒ美術館コレクション「ピカソ展」のこと

2007年3月1日から3月25日まで、大丸ミュージアム・梅田で、ルートヴィッヒ美術館コレクション「ピカソ展」がありました。

私はピカソが大好きなもので、気持ちを高ぶらせながら、観に行きました。ウイークデーではありましたが、とても沢山の人がピカソの絵に引かれて見学していました。
f0110284_3183965.jpg

ルートヴィッヒ美術館は、ドイツケルン市にあり、ケルン駅と大聖堂に隣接しています。

個人の援助によって発展した市民コレクション型美術館としてはドイツで最も古いものだそうです。

現在、ルートヴィッヒ美術館は、アグファ・フォト=ヒストラマ、コンサート・ホール、図書館やカフェなどとともに総合芸術施設として一つの建物に統合されています。

事前調査が充分でないままの見学でした。

ルートヴィッヒ美術館コレクションの知識を持っていれば、もっと楽しめる見学が出来たと反省しています。

勿論、ここでの見学が終わってから、会場出口で、ピカソ展の冊子を購入して、いつものように後からの勉強をしました。

いつものように会場入り口では、「ピカソ展」の出展リストをいただきました。このリスト順に、展示品を見学しました。
f0110284_3203463.jpg
ピカソほど20世紀の芸術を具現化した人物はいないと言われます。

彼は、一生涯持ち続けた精力的な創造力は高齢になっても一向に衰えず、まるで永遠に造形し続けることが出来る創造主の化身のようだったと言われています。

多面性を持つピカソの作品は、芸術界における豊な創造力であり、革新の象徴とみなされるようになりました。

また、ピカソは「近代美術」と同義語としてもよく使われます。

ほぼ80年にまたがるピカソの壮大な仕事は、異質な両極の間を悠然と行き来しました。

伝統、革新、変革を統合し、古典とアヴァンギャルドを調和させました。

優美、生きる喜び、官能の喜び、そして戦争の恐怖を語り、ついには絶対的自由と、前進し続ける芸術至上の自由に到達しました。

目で見たそのままの生命に姿形を与えました。その為、ピカソはさまざまな造形的表現方法を駆使しました。

例えば、油彩の他に素描、水彩を描き、膨大なシリーズの版画を繰り返し作成しました。

同時に、陶芸で実験し、古典的手法で粘土を形作り、ブリキ板からフォルムを切り抜いたり、偶然見つけて拾った物を寄せ集め、思いついた新しい創造物を生み出したりしました。

ルートヴィッヒ美術館コレクション「ピカソ展」では、ピカソが作成した広範囲な作品が展示されていました。

その中で、素描、版画が豊富に展示されていた印象を持ちました。

展示画の中では、ピカソが崇拝する神様「ミノタウロス」が沢山描かれていました。

ミノタウロスは頭が猛獣の姿をし、首から下は人の姿をしています。ミノタウロスは、彼の化身のように感じました。

そして、この人のような化身が女性を犯している絵が、私にとって、とても強烈な印象を与えました。
f0110284_322786.jpg
また、女性の性器が大きく描かれていました。このほか多く描かれていた「裸婦」の絵でも、女性の性器が大きく露骨に描かれていました。

ピカソにとって、女性の性器は何か格別なものとして写っているように感じました。ピカソの中で、女性の性器は、特別な意味を持つ存在だったのかも知れません。

男性の性器も描かれていましたが、女性の性器の方が強烈に感じられました。これは、私が男性であることから来るものだと思います。

「ピエロ」や「アルルカン」、「銃士」が多く描かれていました。また、版画やエッチングも、とても上手であることを知りました。

陶芸も多く展示されていました。彼にとって、作品作りで創造性を湧かせるために、陶芸はとても大切な存在であったように思いました。

油彩、素描、水彩、版画、陶芸、何れも素晴らしく、そして、それらのいずれにもオーラが漂っていました。
f0110284_324780.jpg

やはり、ピカソは世界の画家の中で存在しなくてはならない「大切な人物」であったように感じました。

今回、ピカソ展の印象を書きました。
[PR]
by kouchan-life | 2007-03-31 03:26 | 文化
<< 韓国旅行 「釜山の散策」 「ゲド戦記」宮崎吾朗監督の講演... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31