Active Second Life

わたしの躁状態

私は、最近、「テレビ」ってのを殆ど観なくなりました。

これって、その理由が上手く説明できないんだけど、自分が躁状態になって来た時に起こる現象です。
f0110284_654862.jpg

他からの「テレビ」や「ラジオ」などのインプットがとても耳障りに感じたり、「テレビ」を観る気がしなかったりするんです。

そして、パソコンから情報を発信する行為をします。

メールを書いて出したり、テレビやラジオなどでなく、自分自身で出かけた先から入手した沢山の情報を発信したくてたまらなくなります。

また、「コンサート」や「旅行」や「講演会」に出かけ、そこに人を誘ったり、何かの会、例えば「同窓会」を開催しようとしたりします。 そこで、「デジカメ写真」を撮りまくります。

そして、メイルに添付します。 また、ブログに書いて、写真を貼ります。
f0110284_6545968.jpg

これって、「躁状態」のなせる精神的な活動だと思います。

周りの人が時に迷惑を受けることがあります。

このような「躁状態」がやってくるのは、私の場合、3年か4年に一度で、後は「鬱状態」の時間です。

私の場合、「鬱」と言っても、他の人から観ると「おとなしい」という表現がぴったりの精神的な状態です。

一般的には、「鬱」と言えば、あのうっとしい、何も言わない、テンションの低い、眠りのような状態を想像されますね!

私の場合は、先に書いたように、殆ど静かな、普通の状態なんです。

しかし、自分自身からすると、「何も意見が出せない」、「やる気の低い」状態で、「嫌な時期」です。

でも、他人から観ても、家内や子供から観ても、「鬱状態の私がとても静かな人で良いわ」と言われます。
f0110284_655493.jpg

人の精神状態って、複雑で、面白いですね!!!

私の精神状態の移り変わりは、面白いです。

何時も、自分自身を分析しながら、「こうやろうとか」、「このように治そうとか」考えて、生きています。
f0110284_6564650.jpg

これでおしまい。

こうちゃん
[PR]
by kouchan-life | 2007-03-01 06:58 | 自然
<< 「ゲド戦記」宮崎吾朗監督の講演... 昨年のノーベル平和賞受賞者ムハ... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31