Active Second Life

美しい月と夜空の星の思いで

場所は何処でもいいのですが、夜空に月と星、できれば「半月」と「満天の星」が観れれば最高です。

ここ2回の、とっても印象に残っている「月」と「星空」の事を書きます。

1つは、韓国に仕事に行っている時のことです(2003年6月)。

職場の仲間たちと韓国の中央にある鶏龍山「ゲリョンサン(Gyeryongsan)」に登山した帰りのことです。下山時、予定通りに登山口まで辿り着けず、とうとう夜になってしまいました。

山中だから、辺りには明かりらしい明かりが殆どありません。幸運にも、大きかった月の明かりがあって、どうにか夜の登山道が歩けました。ですから、月と星をくっきりと眺めることが出来ました。

しかし、気持ちは登山口までなかなか着けない焦りがあり、その上、心配が募っていて、イライラした気持ちの方が強かったことを思い出します。でも、月明かりと美しい夜空の星が心を癒してくれました。自然の恵みと言うものなのでしょうか!

2つ目は、今年の10月に北海道旅行した時のことです(2006年10月)。

温根湯温泉の大江旅館で、夜中の3時ごろ露天風呂に入った時、辺りは暗く、人影が殆どなく、一人だけ露天風呂に入って月と星を眺めたときのことです。

夜中に一人だけ露天風呂に入って月と星を眺めたなんて、これだけでロマンチックなようには思えませんか?

月はどれだけの大きさだったか思い出せませんが、空気は綺麗で、冬の星座や満点の星が眺められました。

勿論、星座はあまり知らない人なので、オリオン座、カシオペア、北斗七星、北極星(ポラリス)くらいが分かる程度です。しかし、露天風呂につかりながら、ゆっくりした気分で、くっきりした夜空の星座を眺めていました。

あの韓国ドラマ「冬のソナタ」で有名な「ポラリス」を眺めながら、「ジュンサン(ミニョン)」と「ユジン」の純愛を思い出していました。

本当に気分の良い「時の流れ」の中にいました。ちょっと書き過ぎでしょうか!

f0110284_9195057.jpg


2つの「月と星のこと」を思い出しながら、今年の大晦日の朝を過しています。側のミニコンポから「ハイドンのセレナード」が心地よく流れています。

今の時の流れも最高です。

私って最高に幸せです!!
[PR]
by kouchan-life | 2006-12-31 09:30 | 自然
<< おじいちゃんが作ったおせち料理... 子供達の情緒や感性を育てなかっ... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31