Active Second Life

子供達の情緒や感性を育てなかったことが「いじめ」や「自殺」につながったのでは!

最近の子供達は、昔と比較して「情緒」や「感性」が低いように思われてならない。

今の親達は、子供を育てている過程で、子供と接触する時間が少なく、さらに、子供の情緒や感性を育てることの重要性を意識することが薄いように思われます!!

子供達の何もかもを「学校教育」や「先生」に任せきりになっていないだろうか?

これと関連して、「情緒や感性の低い子供」が増え続けているように思われます。

例えば、どこかに出かけることは多くあっても、ほとんどが車を使って移動する。玄関から遊園地、映画館、ショッピングセンターまでを車で移動する。子供達は車内でゲームをしたり、カーナビで漫画を観たりしている。外の景色を見ることは少ない。

これでは、木や草花を眺め、そこいらを走っている動物を眺めて季節を感じたり、生物の営みを見たり感じたりすることはないように思われる。

車で出かけずに、近所の田んぼや神社仏閣がある辺りまで歩いてみては如何でしょうか!!

歩いている途中には、沢山の自然の営みを見ることが出来ます。実際の目を使っての観察です。自然を眺め、お父さんやお母さんと会話する中で、子供達は今まで経験したことのない自然の営みを発見します。大発見です。

車で行くのと違って、自然が詳しく観察できます。五感を活性化し、どれだけ感性が育てられることだろうか、また、情緒ある子供達に成長して行くことだろうか!

情緒や感性が育てられないと、他人を大事にする気持ちや生き物を育てる気持ちが養われない。生き物には生命や寿命があることすら理解できない!

特に、ゲームなどで生き物を育てたリ、育てられなくて死なせたりしていると、ゲーム感覚で生き物を殺したりする。生き物を殺すことを何の拘りもなく実行する。その後、スイッチを入れると、また生き返ったりします。このようなことばかりをしていると、殺すことや生き返ってくることが、ゲーム感覚になってしまっている。

このようになった情緒や感性では、「人を愛する気持ち」も「生き物を大切にする気持ち」も薄いように思われませんか?

この感覚でいると、他人や動物をいじめたり、殺したりすることが平気で出来るようになるとは思いませんか?

また、自身の気に入らないことがあると、もう一度生まれ変わって新しい自分をつくりたいと思って、簡単に自殺し、生き返れるような錯覚に陥ることともありうるとは思いませんか?

これって、短絡なものの考え方だけのようには思わないのですが如何でしょうか?

このまま、親が気付かずに努力しないで感性の低い子供達を育て上げ続けるならば、今話題になっている「いじめ」や「自殺」のなくならない社会が継続するように思います。

私のこの考察が間違いであれば良い。しかし、なんだかそのような気がしない。

お父さん、お母さん、どうぞ時間をとって子供達を外に連れ出し、彼等と会話し、自然の営みを体験させてあげて下さい。彼等は、必ず、花鳥風月を感じる情緒や感性の高い子供に育ちます。

子供の教育は親がするものであって、学校教育や先生に任せきりにすることだけは無くしましょう!!

[PR]
by kouchan-life | 2006-12-17 06:47 | 文化
<< 美しい月と夜空の星の思いで ノーベル平和賞ムハマド・ユヌス... >>



定年後の第二の人生を活き活きと生きるためのメッセージ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31